Jam CityによるROIの3倍増について

LATの流入とNon-LATの比較

チャレンジ

iOS 14でのIDFAの変更を来年初めまで延期するAppleの最新の発表は、モバイル広告業界にとって非常に良いニュースでした。これは、テストする時間が増え、今後のプライバシー更新に適応する時間が増えることを意味します。

これに備えて、ソーシャルゲーム分野のリーダーであるJam Cityは、Aarkiと提携して、限定広告追跡(LAT)トラフィックがユーザー獲得キャンペーンのパフォーマンスに与える影響を評価しました。キャンペーンは1か月間実施され、デバイスでLATが有効になっているiOSユーザーを対象としました。

キャンペーンの目的は、JamCItyのVineyardValleyアプリの新規ユーザーを獲得しながら、LATトラフィックの投資収益率(ROI)とインストールあたりのコスト(CPI)の可能性を理解することでした。

ソリューション

Appleがプライバシーの変更を発表する前に、Aarkiはすでに広告主向けにLATを対象としたキャンペーンを実施していました。クライアントがIDFAの有無にかかわらずiOSキャンペーンをスケーリングできるように、予測に追加のコンテキストシグナルを使用するモデルの、構築を続けています。

VineyardValleyアプリでは、LAT ROI最適化モデルを利用してJam CityのKPIを満たし、それを上回りました。キャンペーンのパフォーマンスを追跡するために、JamCityのモバイル測定プラットフォームからのインストールとイベントのポストバックを使用しました。

成果

このキャンペーンは大成功を収め、最適化により、機械学習モデルがIDFA以外の環境でもうまく機能することが証明されました。またキャンペーンを1か月間実施することで、入札モデルを改善し、広告主のKPIを超えることができました。その結果、LATトラフィックはIDFAトラフィックを215%高いROIで上回りました。

さらにROIの向上に加えて、CPIを32%削減することもできました。

要約

Aarkiは引き続きLATトラフィックを拡大し、機械学習モデルを改善して、支出の増加と強力なパフォーマンスを実現しています。新しい非IDFA環境でのモデルの継続的なテストと最適化により、Limit AdTrackingを読み取るツールと、ユーザーがIDFAを共有するかどうかを決める中でのキャンペーンについても、自信を持って取り組めます。

IDFAの廃止は、克服すべきもう1つの課題であり、乗り越えて成功への新しい方法を見つける機会であると私たちは信じています。

Sabrina

"「テストキャンペーンの有効性には驚きました。IDFAの制限により、モバイルマーケティングのためにiOSオーディエンスにアプローチする方法に関して、マーケターは考え方を変える必要があります。このテストキャンペーンは、Aarkiが新しい課題に十分に備えていることを示しました。

Aarkiとの共同作業の最大の利点は、卓越したコラボレーションと実践的なアプローチです。」

Sabrina Yihong
新規ユーザー獲得の上級スペシャリスト linkedin 

Jam Cityは、人の心を惹きつけるユニークなモバイルゲームを提供するエンターテインメント企業です。世界中で何千万人もの人々にプレイされ、各種賞においても評価されるゲームを世に送り出しています。Jam Cityのグローバル・フランチャイズであるCookie Jamはこれまで5億ドル以上の収益を上げ、Panda Popは現在までに1億2000万を超えるダウンロードを記録しています。Jam Cityはハリウッド御用達のスタジオでもあり、超有名エンターテインメント・ブランドを原作とした、没入性と物語に富むモバイルゲームを開発しています。Jam Cityでも人気のRPGゲーム「ハリー・ポッター:ホグワーツの謎」は、2018年4月のリリース時、40ヶ国以上で #1ゲームとなりました。

Jam Cityのチームは、ストーリーテリングやデータサイエンス、オーディエンス・インサイトなどといった重要領域における卓越した独創性や技術革新で知られています。

Jam City問い合わせ先
www.jamcity.com