アプリマーケターが2021年に直面する4つのこと


What should mobile marketers expect in 2021

2020年はこれまでの年とは少し違いました。それは新しい生活様式によって暮らしが変わっただけでなく、アプリマーケティング業界にも変化があった年でした。2021年には、2900億ドルのモバイル広告支出がありました。これはアプリマーケターにとっては、対応しなくてなならない重要な変化です。

  1. OS14プライバシーポリシー変更への対応

    Contextual signals for targeting of users

    アプリマーケターはiOS14プライバシーポリシーの変化に対して、備える必要があります。IDFAは、広告配信の管理、クリエイティブのパーソナライズ、アプリを既にインストールしているユーザーの配信除外設定、予測入札モデルをサポートします。また、広告主は、フリークエンシーキャップを制御し、キャンペーンパフォーマンスを測定および分析し、iOSおよびiPadOSデバイス全体のアプリインストールアトリビューションを計測することができます。

    iOSキャンペーンがIDFAがなくてもKPIに到達するために、Aarkiでは、予測のためのより多くのコンテキストシグナルの使用など、さまざまな戦略をテストしています。コンテキストシグナルは、適切なユーザーをターゲットにするのに役立つ重要な情報ポイントです。デバイスのモデル、時間、場所など、使用できるものがいくつかあります。これらのコンテキストシグナルを知ることは、ユーザーに適切な広告を決定するのに役立ち、よりパーソナライズされたユーザー体験を提供します。

  2. マーケティングでの機械学習の活用トレンド

    Machine learning for mobile marketing

    iOS14のプライバシーポリシーがIDFAに与える影響により、Jam Cityは私たちと提携して、Limit Ad Tracking(LAT)がユーザー獲得キャンペーンにどのように影響するかを確認いたしました。 AarkiのLAT固有の機械学習モデルにより、キャンペーンはKPIの目標を上回り、LATからの流入はIDFAからの流入を上回り、投資収益率が215%も高くなりました。また同時に CPIも32%減少しました。このキャンペーンの成功は、IDFAのない世界でも、機械学習がキャンペーンの成功をサポートできることを証明しています。

    代替の予測信号(または機械学習モデル)を開発することにより、マーケターはIDFAの損失を補うことができるはずです。またAndroidで機械学習モデルを使用すると、マーケターは複数のKPIを達成し、各ユーザーに最適化された広告を提供できます。 Postclickが作成したレポートでは、2021年には、機械学習を利用して最適化された広告の大規展開を可能にする企業が増えると予測されています。

  3. 5G技術の台頭

    The rise of 5G technology5Gブロードは多くの国で拡大しており、ユーザーにより大きな帯域幅と速度を提供しています。 5Gは、広告主にさまざまなクリエイティブの可能性とデジタル広告のより速い読み込み時間を提供します。 5Gの帯域幅の拡大により、バーチャルリアリティや4k動画などの高解像度の高速データ配信が可能になります。アプリマーケターは、この機会を利用して、すぐに使用できるクリエイティブを作成し、アプリのユーザー体験を向上させる必要があります。

  4.  在宅活動でのアプリの使用増加

    Use of apps for at home activities

    世界中の誰もが新しい生活様式で暮しているため、人々はほとんどの時間を家で過ごしています。ソーシャルディスタンスの予防策により、オンラインショッピング、フィットネス、食品配達などの在宅活動をサポートするモバイルアプリの人気が高まっています。 App Annieの調査によると、Androidユーザーは在宅カテゴリで1.3兆時間を費やすと予測されています。在宅勤務とオンライン教育により、ビジネスアプリと教育アプリは、在宅活動に関連するすべてのアプリカテゴリの中で最大の成長を遂げると予測されています。

 2021年が何をもたらすかはわかりませんが、アプリマーケターとしてこれらの予測は、この1年に備えるのに役に立つのではないでしょうか。

 

Topics: Homepage Posts, Marketplace Insights