CPMモデルの理解:概念とメリット


Cost per thousand impressions displayed

アプリのマーケティング業界には、アプリの成功に寄与する複数の要因があります。最も重要な要素の1つは、適切な価格モデルを選択することです。

クリック単価(CPC)、インストール単価(CPI)、インプレッション単価(CPM)など、モバイルマーケター向けに設計された価格設定モデルにはさまざまな種類があります。この記事では、モバイルプログラマティックで最も人気のある価格設定モデルの1つであるCPMの概念と利点について説明します。

CPMとは何なのか?どのように機能するのか?

CPMは「Cost per Mille」の略で、「Mille」はラテン語で「千」を意味し、基本的に「1000インプレッションあたりのコスト」を意味します。これは、広告費用が配信されたインプレッション数に依存することを意味します。たとえば、CPMが10ドルの場合、広告主は、広告が表示される1000回ごと、つまり広告が1,000回のインプレッションを受け取るたびに10ドルを支払います。 

CPMの計算方法

CPMの計算式は非常に簡単で、モバイル広告での価格設定モデルが人気がある理由でもあります。 CPMは1000インプレッションの単価であるため、特定の予算のCPMを決定するには、キャンペーンの総費用をインプレッション数で割って1,000で割るだけです。 

 

たとえば、 

200ドルの広告費÷75,000インプレッション×1,000 = 2.66ドル(CPM)

または、次の式で他の値を導き出すには

キャンペーンの総コスト =総インプレッション÷1000 xCPM

総インプレッション= キャンペーンのコスト÷CPMx1,000

広告主はなぜCPMを使うメリットがあるのでしょうか?

CPM価格設定モデルは、広告主に多くのメリットをもたらします。主な利点は次の2つです。

透明性 -CPMの価格設定により、パブリッシャー、SSP、DSP、広告主など、プログラマティックエコシステムのすべての関係者が連携します。広告費については完全な透明性があり、DSPによって達成されたCPMの改善はすべて広告主と共有されます。これにより、自社データの共有など、広告主とDSP(Aarkiなど)間の深いコラボレーションが促進されます。 Aarkiはこの情報フローから得られるメリットが広告主と共有されることを保証します。

ユーザーLTVに向けた最適化- 価格設定モデルに関係なく、広告主の主な関心事はユーザーの生涯価値(LTV)です。 CPIモデルと比較すると、CPMモデルでは、広告費用対効果(ROAS)など、LTVと最も相関のある指標を最適化できます。したがって、高いLTVユーザーを獲得することを目標とする広告主は、CPMモデルに目を向けます。

モバイルアプリ内広告についてもっと知りたいですか?もしよろしければ ホワイトペーパーのページを、プログラマティックの基本を理解するためにすることをお勧めします。  

Topics: Marketplace Insights