パーソナライズされたアプリマーケティングで最適なメッセージを届ける


Delivering the Right Message with Personalized App Marketing

モバイル広告は、ユーザーにとって迷惑でかなかった時代から長い時を経て、今ではパーソナライズされたアプリマーケティングにより、モバイル広告は進化を続け、ユーザーのアプリ体験の中でシームレスなものとなっています。

この戦略により、アプリマーケターはターゲット・オーディエンスとのコミュニケーションを効果的に行い、彼らに合わせた形でエンゲージでき、数ばかり多いつまらないモバイル広告から脱却することができます。つまり、適切なメッセージを適切なオーディエンスに、適切な媒介を通し、適切な場所とタイミングで送るということです。

広告のパーソナライゼーションとは?

広告のパーソナライゼーションは、広告のユーザーに対する関連性を向上し、広告主の投資利益率(ROI)を上昇させる、強力な戦略です。パーソナライズド広告はユーザーの関心と過去の行動(エンゲージメント、購入レベル等)に基づいています。これによりユーザーエクスペリエンスを改良し、より高いエンゲージメント率を実現し、全体としてクリックスルー率(CTR)を上昇させることができます。

リターゲティング・キャンペーンのカギはパーソナライゼーションよりきめ細やかなレベルで休眠ユーザーをターゲティングするため、Aarki は広告主から共有されるオーディエンス・セグメントを用い、複数のメッセージ、エレメントを用意し、それぞれのセグメントの関心に訴えます。

アプリにより、セグメントの分け方は多くの要因に基づくものになります。ゲームアプリでは、セグメント分けの基準の例として、支出レベル、到達したレベル、レベルのトライ数、ユーザーのアプリアクティビティが挙げられます。ハイクオリティユーザーのリアクティベート率を上昇させるため、弊社はセグメントおよびそれらの交差をマッピングし、このデータをもとにパーソナライズド広告を作成します。

パーソナライゼーションを、リターゲティング・キャンペーンに効果的に使うには?

広告クリエイティブの用い方はセグメントごとに異なります。弊社は、これに関する膨大な経験および学びを蓄積してきました。ここでは弊社のパーソナライゼーション戦略のいくつかをご紹介します。ゲームアプリのユーザーのリターゲティングはもちろん、多くの他分野のアプリカテゴリーでも広く効果を発揮します。

ユーザーのアクティビティレベルに紐づいたゲームアップデート情報を見せる

アクティビティ高 - 過去にアクティブにアプリを使用していたユーザーには、ゲーム最序盤の情報を見せることは時間とリソースの無駄です。かわりにアプリの最新情報の広告クリエイティブを見せることで、より目立ち、さらに関心をそそり、そしてリテンションを向上させます。

アクティビティ中 - アクティビティレベル中程度のユーザーにリエンゲージするには、まだプレイされていないゲーム要素や機能にフォーカスします。アプリの一番面白い部分はまだ来ていないとユーザーに知ってもらいます。

アクティビティ低 - アクティビティレベルの低いユーザーは、多くの場合アプリの核となる機能をよく知りません。ゲームのもっとも重要でキャッチーな機能をベースにしたメッセージを作ることで、彼らにふたたびアプリを開いてもらう可能性が高まります。

ユーザーが最後に到達したレベルに関連した要素を見せる

アプリのキャラクターを利用して、ユーザーのプレイの継続を促します。ユーザーが特定のレベルで行き詰まっている場合、レベルクリアのためのヒントや小技を紹介することで、彼らのリテンション率を上昇させることができます。

正確な分析およびオーディエンスリストの活用は、どんなアプリマーケティング・キャンペーンパフォーマンスにおいても、結果を左右するものです。パーソナライズド広告でアプリユーザーとコミュニケーションし、特別な扱いを受けているという感覚を与えましょう。

パーソナライズされたアプリマーケティングの活用で考慮すべきことは?

以下の問いについて考えてみましょう:

Q1_ad_creative_JP

モバイル・マーケティングにおいて、小は大に勝ります。ユーザーの受け取るメッセージが少ないほど、それぞれのメッセージのインパクトは大きくなります。より良い結果を達成するには、ひとつひとつのメッセージの働きを高めましょう。まず、自分のモバイルアプリのオーディエンスを理解し、それからターゲティングできるユーザーセグメントを特定するのです。

Q2_ad_creative_JP

関連付けしたメッセージを送ることは、効果的なコミュニケーションのカギです。ブランド 認知、エンゲージメント、ロイヤリティを向上させるには、オーディエンスに価値をオファーする適切なメッセージを送る必要があります。適切なメッセージを考えるには、オーディエンスを徹底的に知る必要があります。アプリのどの部分が好きなのか、いつ、どこで、なぜ、どのようにアプリを利用しているのかです。オーディエンスを知ることができたら、ユーザーへのアプローチの仕方、対話の始め方のアイデアが生まれます。広範なクリエイティブ・リサーチの重要性は、軽視してはいけません。複数のクリエイティブ戦略を実行し、どれが結果を出しどれが結果を出さないのかを見出しましょう。パーソナライゼーション、ローカライゼーション、多変量テストどの戦略をテストしましょう。

Q3_ad_creative_JP

広告のタイミングと頻度は、キャンペーンの成功のカギです。ユーザーエクスペリエンスを邪魔しないよう、タイミングよく表示する必要があります。各オーディエンス・セグメントにいつ広告を表示するのかを計画し、シーケンスおよび頻度の限界値を定め、ストーリーを伝え、関心を高められるようにしましょう。効果の出ないクリエイティブ戦略は投げ捨て、クリエイティブがターゲット・オーディエンスに沿っているかどうか、常に立ち戻って確認するようにしましょう。最後に、広告疲れを防ぐために定期的にクリエイティブをリフレッシュし、ユーザーが購入をした後でもクリエイティブのパーソナライズを継続しましょう。

この 3 つの問いに「YES」と答えたなら、貴社はパーソナライズされたアプリマーケティング戦略の有効活用の正しい道を歩んでいると言えます。関連性のあるパーソナライズド広告クリエイティブを作ることは、アプリのヒットの可能性を最大化します。

Aarki がこの活動をどのように支援するかについて興味がおありでしたら、こちらからメッセージをお送りください。

Topics: Creative Insights, Marketplace Insights