ポストIDFA時代のクリエイティブ最適化


HEADER-02

優れた広告クリエイティブは、今まで以上に重要になっています。 Appleのプライバシーの変更はすでに実施されているため、モバイルマーケターは、IDFAがないにもかかわらず、広告クリエイティブを活用してターゲットユーザーを獲得して維持することに集中する必要があります。

IDFAを使用せずに次のモバイルプログラマティックキャンペーンに向けて広告クリエイティブを最適化する方法に関するヒントをお伝えしようと思います。

ユーザーペルソナを決める

AppGrowthSummitのマネージングディレクター兼創設者であるLouisTanguayは、 この記事 で、IDFAがなくなった今、「昔ながらのマーケティングの手法が、今や新しいモバイルマーケティングの手法なのです」と説明しています。彼は、マーケターがユーザーレベルのデータなしで誰に到達するかを知るためには、マーケティングの原点に戻って、ユーザーペルソナを確立する必要があると説明しています。ユーザーの興味や個性などの情報を知ることで、オーディエンスをセグメント化し、ターゲットを絞った広告クリエイティブを作成し、各ペルソナが関連付けることができるコピーライティングができます。

魅力的なCTAを用意

明確で簡潔なCTA(Call to Action)を通じてユーザーに価値を提供します。訴求価値は、アプリの特徴的なセールスポイントに関する説得力のあるコピーである必要があります。これにより、ユーザーはモバイル広告を利用するようになります。訴求価値は気分や感情、またはユーザーが理解されているという感覚の微妙な上昇である可能性があります。ユーザーの注意と引き換えに、有用な情報、エンターテインメント、またはコンテンツへのアクセスを提供することにより、価値を提供することを目指します。 CTAをレベルアップするためのヒントの詳細については、インフォグラフィックをご覧ください

感情的なつながりを作る

ユーザーが広告でアクションを実行するように動機付ける良い方法は、感情的なつながりを構築することです。これは、文脈的シグナルの助けを借りて行うことができます。 コンテキストは特に重要な要素と密接に関連しており、広告クリエイティブのデザインと関連付けられている必要があります。これら2つは、ユーザーをブランドに引き付け、結び付けるためです。それはあなたの広告を見る前に、ユーザーの経験に基づいて、あなたのユーザーがより共感する方法にいてのアイデアをあなたに与えます。そのため、Aarkiは、クライアントのKPIに対して、キャンペーン配信する為の、より広範囲の文脈的シグナルを含む予測モデルを構築してきました。

クリエイティブのテストにおいてクリエイティブになる 

SKAdNetworkキャンペーンIDのプライバシー制限は、十分な規模で配信をしていないキャンペーンでは、コンバージョン値を介してインストール後のイベントに関する学習が十分に迅速に生成されないことを意味します。これにより、学習コストが一部の広告主で限定的になります。役立ついくつかのアプローチは次のとおりです。

  1. 既存および成熟したSKAdNetworkキャンペーンで新しいクリエイティブをテストし、パフォーマンスの変化を追跡します。
  2. 今のところ、一部の地域データはSKAdNetworkポストバックから取得できます。キャンペーン内のトラフィックを地域ごとに分割し、結果を測定してクリエイティブのパフォーマンスをよりよく理解することができます。これは、インストール後のコンバージョンをクリエイティブレベルで追跡する方法になります。バイアスを最小限に抑えるために、慎重にキャンペーンを分けてください。
  3. いつも可能であるとは限りませんが、Androidキャンペーンから、または追跡をオプトインしたユーザーから、いつでも学習を導き出して適用することもできます。

これについては こちらで読むことができます。AarkiのSr. Manager - AnalyticsであるGrace Oabinaが、クリエイティブテストについて詳しく説明しています。

業界の新たな変化については依然として不確実性がありますが、Aarkiは常に適応し、常に優れたサービスを提供できるようにソリューションを作成しています。 Aarkiがモバイル広告を最適化する方法について詳しくは、メッセージを送信してください こちらから

Topics: Marketplace Insights