日本におけるマッチングアプリのモバイルマーケティングについて業界関係者が語る


op 2D JP (2)

コロナの中でも、日本のマッチングアプリは大きな成長を遂げています。より多くの日本のユーザーが、コロナやロックダウン規制の間、孤独感や孤立感を克服するために、マッチングアプリをダウンロードして利用しています。

日本ではマッチングアプリを利用するユーザーが増えており、その利用にまつわる汚名は徐々に消えつつあり、愛や仲間を見つけるための手段として社会的に受け入れられるようになってきています。 また、マッチングアプリは、娯楽や社会的なつながりを提供する生活必需品となりつつあり、日本の少子化を解決するための正当な戦略にもなっています。

多くの新しいマッチングアプリが市場に登場し、ユーザーからの需要も高い中、Aarkiは、日本のクライアントとともに、モバイルプログラマティックを活用して、日本でのマッチングアプリのキャンペーンを成功させた方法を紹介したいと思います。

日本のトップデートアプリモバイルマーケッターであるAlphaktの原さんとLLCの広瀬さんに、コロナにもかかわらず、日本でどのようにマッチングアプリをスケールさせてきたのかを聞いてみました。モデレーターは、Aarkiの日本カントリーマネージャーである倉田ヒロ氏が務めました。

話し合い内容は:

  • マッチングアプリのAndroidとiOSの成功するモバイルマーケティング戦略
  • マッチングアプリのマーケティング戦略で注目すべきKPI
  • マッチングアプリに有効なクリエイティブ戦略

インタビュー記事をダウンロードすると、ビデオインタビューをご覧いただけます。

今すぐダウンロード

Aarki Japanのサービスについて詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせください

Topics: Marketplace Insights