オープンオークション、プライベートオークション、プリファードディールの違い [動画]


Differentiating Open Auction, Private Auction & Preferred Deal

プログラマティック広告は、その豊富なメディア在庫と購買効率により、デジタルマーケティングにおいて最も急速に成長しているチャネルの1つとなっています。モバイルアプリの広告主には、広告に適したオーディエンスを適切な価格で見つける機会が提供されます。しかし、メディア在庫をプログラマティックに取得する方法はいくつかあり、アプリの広告主はどの方法が最適なのか混乱することがあります。その混乱を軽減するために、プログラマティックメディア購入の3つの方法、オープンオークション、プライベートオークション、プリファードディールの違いについて解き明かします。

 

オープンオークション

プログラマティックでは、オープンオークションはRTB(リアルタイム・ビッディング)の正式名称である。オープンオークション(オープンマーケットプレイス)では、在庫の価格はオークションを通じてリアルタイムに決定され、パブリッシャーや広告主は誰でも参加することができます。基本的には、媒体社はアドエクスチェンジで自社の媒体在庫を特定の最低CPM(Cost Per Thousand)価格で提供し、広告主は希望する媒体在庫に対して互いに入札する。最高入札者は、インプレッションを獲得します。

最も費用対効果の高い方法で、多くの視聴者にアクセスできるメディアを購入したいとお考えなら、オープンオークションは最適な方法かもしれません。

プライベートオークション

プライベートオークションはオープンオークションと似ていますが、パブリッシャーが参加者を選ばれた広告主のみに制限している点が異なります。オープンオークションとは異なり、このプライベート取引では、オープンマーケットプレイスで在庫が利用可能になる前に、独占的な広告主グループに優先的に入札してもらうことができます。場合によっては、パブリッシャーは、特定の広告主がプライベートオークションへの参加を申請することを許可し、パブリッシャーがその承認を決定することがあります。オープンオークションと同様に、パブリッシャーまたはアドエクスチェンジは、最低CPMを設定することができます。ここでも、最も高い入札者がインプレッションを獲得することになります。

プリファードディール

一方、プリファードディールは、オークションを完全に回避するオプションである。プリファードディールlは、パブリッシャーがプレミアムメディアの在庫を、選択された広告主に対して交渉による固定CPMで販売することを可能にするものである。この取引はリアルタイムで行われ、広告主はパブリッシャーが設定した固定CPM価格以上で入札し、インプレッションを獲得します。プリファード・ディールにより、パブリッシャーはこの秘匿された取引環境を通じて、コントロールされた安定した収益源を得ることができます。一方、広告主は、安定したボリュームと価格設定のサプライズがない、より独占的なファーストルック在庫へのアクセスが可能になるため、この取引の恩恵を受けることができるのです。ただし、広告主が優先取引インプレッションに入札した場合、オープンオークションで同じインプレッションに入札する資格はなくなります。table-1

要約すると、オープンオークションでは、すべてのパブリッシャーとバイヤーがリアルタイムで入札することができます。プライベート・オークションも同じように運営されています。ただし、参加者は、1つのパブリッシャーと、パブリッシャーから入札の招待を受けた複数の広告主です。最後に、優先取引は、出版社と広告主が交渉により固定価格で直接取引するものです。プログラムによる購入の3つの異なる方法のどちらを選択するかは、アプリマーケティングキャンペーンの目標によって決める必要があります。

3つの異なるプログラマティック購入方法の選択は、アプリマーケティングキャンペーンの目標と予算に応じて行う必要があります。

最新のホワイトペーパー「A Beginner's Guide to Programmatic」は、プログラマティックの主要な構成要素と、それらがどのように相互作用するかを明確に理解するのに役立ちます。

ホワイトペーパーをダウンロード

Topics: Marketplace Insights, Industry News