Aarkiは、セカンドプライスオークションと並んでファーストプライスオークションをサポートしています


1st-2nd-price auction

長年にわたって、業界はセカンドプライスオークションモデルを在庫オークションのゴールドスタンダードとして受け入れてきました。 このモデルでは、最高額の入札者がオークションに勝ちますが、2番目に高い価格(つまり、2番目の価格の名前)よりわずかに高い金額しか支払いません。

彼らはより低い価格を支払う可能性を考えると、これはしばしば積極的な入札を奨励します。 購入者はこの戦略の恩恵を受けることがよくありますが、サイト運営者は在庫の価値を最大化し、キャンペーンを実際に評価する市場の広告主に価格を販売することができませんでした。

少し前にデスクトップがファーストプライスオークションに移行した一方で、2019年はモバイルアプリ内在庫がファーストプライスに移行し、Googleアドマネージャー、Adcolony、AppLovinが先導しました。

戦略がすべて

ファーストプライスオークションは、モバイルパフォーマンスマーケティング担当者が恐れるべきものではありません。 パートナーが効果的な入札戦略を持っている場合は、新しい料金体系でもパフォーマンスを維持できます。

自分が広告主の場合なら、最初聞くべききのステップは:
「DSPはファーストプライスを正しく行っていますか?」

ファーストプライスオークション全体で強力なパフォーマンスを示しただけでなく(Aarkiファーストプライス入札最適化とセカンドプライスオークションのROIが23.68%向上)、Aarkiで専用のファーストプライス戦略を採用していることは、パートナーが提供する入札の翻訳よりも優れていることも確認しました。

aarki_bid translation

この移行期間中にDSPを評価し、費用を最大限に活用できるようにするために、パートナーに独自のモデルを使用しているか、取引所の入札シェーディング/入札変換に依存しているかを尋ねましょう。 また、独自のファーストプライス戦略を開発する計画についても質問しましょう。

両方のオークションタイプをサポートすることで、需要と供給を結び付け、入札者を適応させて最適化し、広告主とパブリッシャーが業界の必然的な変化に関係なくビジネスを成長させるのを支援します。

Aarkiがモバイルブランドにどのように役立つか興味あるなら maria.isidro@aarki.com宛てにメールを送ってください。お待ちしております。