2020年のモバイルプログラマティックトレンドと予想


Programmatic_Trends_2020

モバイルは人々の生活に革命を起こししつつ、多くビジネス企業の主導力になっております。eMarketerの予測による、2020年には世界の総広告費のうち、53%がデジタルに占めると予想されており、今年のモバイ業界は盛り上がるでしょう。また、モバイル広告支出は、2023年までに従来型のメディア広告支出を1.2倍に上回ると推定されております。

次の10年に移行する際、幾つ進化すると予想される重要なテーマがあります。ご覧下さい。

プログラマティックの成長

プログラマティックには、さらに集中されたアプリのマネタイズと収益最適化の効果で、非常に注目されています。ますます多くの業界のプレーヤーは、希望するオーディエンスをターゲットし、関係する広告クリエティブをスケーリングし、ROIを測定するために、プログラマティクメディア購入戦略がより明白なデータ主導であることが必要だと認識しております。
現在、広告予算の65%はプログラマティックで取引されています。その中に、プログラマティック広告支出は、2020年には980億ドル、2019年の840億ドルから増加すると推定されました。

デジタルマーケティングにおける人工知能(AI)採用

AIはモバイル広告の世界を圧巻しており、引き続き2020年もベースを落とさず期待できるでしょう。AIの力で、マーケティング担当者はオーディエンスを更に理解でき、より関連性が高いカスタマイズ広告メッセージングにつながります。マーケティングファネルの追跡から、顧客の行動や傾向に関するデータの収集まで、現在インベストすべき理想なフィードバックツールではないでしょう。

ファーストプライスオークションへの移行

少し前にデスクトップがファーストパーソンシューティングに移行しましたが、2019年は、Google Ad Manager、Adcolony、AppLovinが道を開いてモバイルアプリ内広告枠がファーストプライスに移行した年でありました。

シンプルなオークションモデルを広く採用すると期待できる2点があります。
①価格の透明性を高める 
②パプリッシャーパートナーが広告主のマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを低下させず、在庫の価値を最大化にして措置を講じるよう支援する

ファーストプライスオークションはモバイルパフォーマンスマーケティング担当者のみかたを考え直すべきでしょうか。パートナーに効果的な入札戦略がある場合、新価格体系でもパフォーマンスを維持できます。

高める

プログラマティック広告の急速な成長に伴い、より優れた、より透明なエコシステムへの需要が高まっています。 広告主は、リアルタイムでキャンペーンを完全に制御したいと考えております。一方、出版業者は、ユーザーがどのように広告を操作するか、広告がユーザーの関心と興味に合っているかどうかを知りたいと考えております。

今年度、様々な企業がこの透明化を現実に取り組むため、新しいソリューション、戦略、及びパートナーシップが生み出すでしょう。

リターゲティングに注目する

リターゲティングは、引き続き広告主のアプリマーケティング予算のフォーカスです。 2017年から2019年の間に、リターゲティングを実行するアプリの割合はほぼ2倍になりました。実は、2019年には、全コンバージョンの4分の1がアプリのリターゲティングを起用した結果でした。ユーザーの全体ライフサイクルを導くため、ユーザーアクイジションとリターゲティング、両方が実行できるパートナーには、より多くの広告費予算が投資するでしょう。

パーソナライズに対する慎重さ

パーソナライズは昨今、重要なキーの一つですが、近年はユーザーも敏感になり、自分のデータがターゲットに使用されていることを認識しています。パーソナライズに関する今後のアプローチは、マーケティング担当者はデータの収集および使用方法についてより繊細、賢明に考えるべきでしょう。

関連する広告クリエイティブ

アプリマーケティングにどの戦略を使用するかは関係なく、広告クリエイティブはキャンペーンの顔であり、できる限り最高のものにしたいと考えています。過去数年間、偽のニュースや虚偽の情報が広まり、特に広告のモバイルプログラマティックにはかなり影響されてしまいました。多くの広告に存在しなかった機能を示すことによって、ユーザーの苛立ちや不満が徐々に上がっていくのを見てきました。賢く設計され、データに基づいた広告クリエイティブは、これまでも、これからもトレンドになるでしょう。

2020年は、ユーザーエクスペリエンス、パーソナライズ、自動化、AIを活用したテクノロジーなどを強化的な活躍する年になるでしょう。 急速に進展する市場に追いつき、業界の可能性を最大限に活用しましょう。

 

Topics: Industry News