無課金者でリターゲティングを最大化する方法


GraceRT-Tips-maximizeRTnonspender

ダウンロードの回数だけでは、モバイルアプリの成功の尺度は測れません。最終的な目標は常に収益化であり、ユーザーベースの最大化がマネタイズ目標に到達するための最大の要因となります。

定期的にアプリ内購入/課金をするユーザーがたったの10%ということを考慮すると、広告主がリターゲティングを行ない、収益を増大させられるユーザーの大きな集団がまだ存在するということです。私たちは無課金ユーザーを効率的にリターゲティングする方法を知っています。

1. お客様のアプリにとって最適な収益化を決定

どのタイプのマネタイズがお客様のアプリにとって効果的か特定することで、キャンペーンのリターゲティングにとって最適な戦略が明確になります。概算でアプリの65%が広告モデル、50%がアプリ内購入/課金モデルでマネタイズをしており、多くのアプリでは両方の戦略を採用しています。あるアプリの収入の大部分はアプリ内購入/課金によるものですが、一部のジオグラフィックではダウンロード数/定着率のみに傾倒することが分かっているため、広告収益を通じた最適化が可能です。この例としてはブラジル、メキシコ、インド、インドネシア、ベトナムがあります。

2. ユーザーの分類

無課金のユーザー数の多さを考慮すると、詳細な最適化のためにはそうしたユーザーの分類が有効です。このイベントは広告閲覧数と直接の相関性が存在するため、広告収益の改善には、セッション数の利用がユーザーのグループ化をする上で効果的になり得ます。また、セッション回数はユーザーのアプリ内マネタイゼーションの改善にも利用可能ですが、イベントの相関分析を行ない、使用に適したものを特定することが大切です。

3. クリエイティブのパーソナライズ

正しいクリエイティブ戦略を持つことは、ユーザーの効果的な再取り込みに非常に重要です。アプリの新機能やイベントの披露はよく使われる戦略ではありますが、ユーザーグループごとに異なるクリエイティブを持つことで、成功の可能性はさらに高まります。また、プロモーションや報酬も効果的です。

リターゲティングは無課金ユーザーを再度取り込んだり、行動を促すには非常に効果的な手法です。これらの段階に従って、お客様のアプリのマーケティングを成功に導きましょう!

Topics: Retargeting