無課金ユーザーでリターゲティングを最大化する方法


Retargeting Tips for non-spenders

モバイルアプリの成功の指標は、単に多数のダウンロードが行われるだけではありません。 収益化は最終的な目標であり、収益化の目標を達成するための最大の要因は、ユーザーベースを最大化することです。

ユーザーの10%だけが定期的にアプリ内購入を行うとすると、そこには広告主が収益を高めるためにリターゲティングできるユーザーの大きな塊がまだあります。 無課金ユーザーを効果的にリターゲティングするためのヒントをいくつか用意しました。

1.アプリの適切な収益化を決定する

アプリでどのタイプの収益化がうまく機能するかを特定することは、リターゲティングキャンペーンの適切な戦略を決定するのに役立ちます。 広告で収益化しているアプリは約65%、アプリ内購入で50%、そして多くは両方の戦略を使用しています。 一部アプリの収益のほとんどはアプリ内購入から発生している場合がありますが、一部の地域においてはダウンロードとリテンションによる広告の収益化を通じて、収益の最適化ができることが証明されています。 この例としては、ブラジル、メキシコ、インド、インドネシア、ベトナムがあります。

2. ユーザーをクラスター化する

無課金ユーザーの数が多いことを考慮すると、よりきめ細かい最適化のためにそれらを階層化することが推奨されます。 広告の収益化を改善するには、セッション数を用いてユーザーをグループ化することが効果的な方法になります。なぜならこのイベントは広告ビューと直接相関しているためです。 セッション数は、ユーザーのアプリ内収益化を改善するためにも使用できますが、イベント相関分析を実行して、適切なものを決定することをお勧めします。

3. クリエイティブをパーソナライズする

適切なクリエイティブ戦略を立てることは、ユーザーの効果的なリエンゲージに非常に重要なことです。 新しいアプリの機能とイベントを表示することは1つの一般的な戦略ですが、ユーザーグループごとに異なるクリエイティブを使用するほうが効果的です。 プロモーションやリワードも効果的です。

リターゲティングは、無課金のユーザーに再度働きかけ、行動を起こすことを奨励する素晴らしい方法です。 次の手順に従って、アプリマーケティングの成功を改善していこう!

 

Topics: Retargeting