ウーマン イン モバイル:モバイル業界の女性ゲームチェンジャーと会う


Rachael_Google_Women_In_Mobile

ハイテクジェンダーギャップは徐々に減少し、今日のモバイルテクノロジー業界は、女性が未来のイノベーションをリードする機会を増やしています。

女性の声とリーダーシップの強化に情熱を傾けて、モバイル業界の女性を主導する取り組みを続けています。

レイチェル・オメラ
Googleのシニアアカウントマネージャー

レイチェル・オメラ氏は、Google認定バイヤーのシニアアカウントマネージャーです。 彼女は変革のコーチでもあり、プロフェッショナルに感情的な知性のスキルを教わって、職場など活躍できるようにします。 彼女の本「Pause」は、自身のキャリアにとって2017年のトップビジネスブックの1つに選ばれ、ニューヨークタイムズ、WSJ.com、および2019年のTEDxステージで特集されました。 彼女は、人間の可能性の実現のためにライト大学院大学から変革コーチングの認定を受けており、現在、変革リーダーシップとコーチングで彼女の修士号に取り組んでいます。 レイチェルはまた、フォーダム大学でMBAを取得しています。 現在、夫とサンフランシスコに住んでおり、スキー、ロードバイク、BE(これは生涯の挑戦です!)

Q: Googleの職場環境と文化の何が一番好きです?

私のチームです! 人は本当に自分が働く場所を作り、Googleも例外ではありません。自分の認定バイヤーチームや他のチームとの共同作業も楽しんでいます。 前向きやれるの雰囲気で、人もとっても成長志向です。やる気と意欲を持ち続け、私のチームをサポートする意思があること、そして私のチームが自分をサポートするためにそこにいることを知っているクライアントを支援します。このチームの支えがあるこそ、自分がやる気と意欲を持ち続け、チームの応援もでき、クライアントも自分のチームが支えることのも認識しています。

持続可能性の文化を構築することは重要であり、Googleではそれを感じています。その環境を作るため、Googleの内外で自分の境界を設定し、どんな役割に対してもやれるかやらないかを決められます。

Q: ハイテク業界の女性にとって最大の課題は何だと思いますか、それをどのように克服すればいいでしょうか?

自分の居場所を作ると自身のために仕事をすることです。 もしチームの中で唯一の女性かまたは自分が含まれていないを思っている場合は、それを変更する必要があります。 居場所を作るのは一人一人が行う必要のある選択であり、所属するために何をすべき(または変更すべき)意思があるかを尋ねます。

Q: テクノロジーの変化にどのように先行しますか?

それは追いつくことの終わりのないサイクルのように感じることができます。 毎週時間を掘り下げて、業界の人たちに読み、追いつく。 業界やクライアントのイベントに「はい」と言うだけでなく、疲れている時や個人的なダウンタイムが必要な場合も、それを尊重することも必要です。 良い質問をしたり、好奇心を持ち、最新の状態を維持したりしてください。

Q: モバイルマーケティングの次の大きなことは何だと思いますか?

自動運転車! 冗談です。 私たちの福祉についてもっと知るのに役立つ何かは流行ると思います。 もっと外の広さを知り、使えるウェアラブルとマーケティングは役に立ちます。アプリの疲労現象が発生していて、目立つことは重要し、自分の健康に繋がる何かがなくなるとは思えない傾向です。

Q: キャリアを始める前に誰かがあなたに何を教えてほしかったですか?

一時停止し、意図的に行動を変える方法です。 今、自分はそのレッスンを学んで、圧倒感を避け、他の人の繁栄を助けるために他の人にそれを教えました。

beaknskiff

Q:どんな言葉で生きていますか?

カルぺディエム(その日を摘め)。

Q: 仕事と生活のバランスをどのように管理していますか?

慎重に意識的にです。 疲れるときは、必要以上の予定を入れない、出来る限り休みます。 自分のための境界線を作成し、「断る」を沢山練習します。 これは生涯のスキルであり、まだまだ習得しています。 また、いつでも自分の強い欲望に向かって、その瞬間、より充実して存在感を感じることができます。

Q: 知らない人にどのように自己紹介しますか?

私はENFP(外向性的、直感的、感情的、知覚的)です! (マイヤーズブリッグスのファン、いますか?)私は自分が変容している間、他の人の変革を助ける変化の主体であるというビジョンを共有します。 これはやりがいがありますが、それだけの価値があります。

Q: 一番誇りに思うことは何ですか?

2011年以降、Googleで燃え尽きて、3ヶ月間の休みを使い、自分の人生を振り返って何を変える必要があるか考えることを決めたときからの、個人の成長と発展です。 それはやりがいのある旅であり、それ以来自分自身について学んだすべてにとても感謝しています。 私の物語についてこちらへbit.ly/pausethebook

Q: 今までで一番クレイジーなことは何ですか?

大学卒業後、就労許可を得て、フレンチアルプスに行き、スキーリゾートで仕事を見つけました。 私はそれを得て、解雇されてから、新しい仕事を得た。 外国で就職できるなら、なんでもできると思いました。

準優勝:TEDxでの講演「Push Pause how to turn Burnout into Personal Fuel」-爽快でした。またもう一度やりたいと思います。

 

Topics: Women in Mobile